建設業法等の改正が本日施行となっており、建設業許可、経営事項審査の手続きにおいても、本日よりさまざまな変更が行われております。

改正点はさまざまありますが、特に「解体工事業」の業種区分が追加され全部で29業種になります(業種区分の追加は約45年ぶり)。
影響が大きいため、円滑な移行のため経過措置などがあります。
経過措置期間の取り扱いは複雑、というよりもはっきりしない点もあり、一昨日も本テーマの研修があり受講しましたが、県としても運用を始めながら整理していく部分もあるのが正直なところのようです。

13312851_1030717127006504_4924632691054480173_n

 

神奈川県における建設業許可、経営事項審査の手引きは、県のホームページよりダウンロード、または県の建設業課窓口等で購入できます。

建設業許可経営事項審査に関するお問い合わせ、ご相談等、行政書士つねき事務所までお気軽にご連絡ください。